店長の好きな攻殻機動隊の名言 「囁くのよ…私のゴーストが…」

中野の和牛のラーメン屋。牛こくラーメンマルカツの店長です!
おはようございます!

2月5日(日曜)。本日も、通常どおり営業いたします!
・・・今日もラーメン日和ですね!

マルカツは、特に土日祝日に、多くのお客様にご利用いただいております。
4~6名がけのテーブル席もござますので、ご家族、ご友人同士、カップルのお客様から、ご愛顧いただいております。

もちろん、お一人様ようのカウンター席もございますので「休日のお食事」としても、ご愛顧いただいております。

最高品質の美味しい和牛を、出来る限りお手頃な価格で提供している、
いわばプチ贅沢的な、ラーメン店です。

ぜひ、温まって行ってください。

 

〈牛こくラーメンマルカツ〉
昼営業→11:30~15:00
夜営業→17:00~21:00
※スープ切れ次第終了
※木曜定休

今日が、皆さまにとって実り多き日になりますように。

 

店長の好きな攻殻機動隊の名言 「私のゴーストが囁くのよ…」

今日は、名作アニメ「攻殻機動隊」の名言をご紹介したいと思います。

見たことの無い方には、ぜひ見てほしいアニメ作品です。

(店長、マルカツのブログと、もう一個別にブログ書いていて、
そっちでも攻殻機動隊について書いているので、Google先生に「重複コンテンツですね」と判断されないように、ざっくりとご紹介させて頂きます)

 

 

さて、
このアニメ「攻殻機動隊」の世界観というのは、

今より未来、化学が進歩し、
人々が、脳を「電脳化」し、脳とコンピューターを直接つなげる事が当たり前になった世界です。
そして、コンピューターと繋がり、脳が直接インターネットにアクセスできるようになり、
人々の間で情報が並列化され、

「自分の記憶」
「自分とはなにか?」が、
曖昧になってしまった世界です。

 

その世界の中で「ゴースト」とは、
「自我」「自分の原初の思い」だと、店長は認識しています。

情報の並列化、コンピューターの制御を超えた
「自分ならではの思い」「自分の、本当の、本心」。
これを「ゴースト」と呼んでいるのだと思います。

 

「私のゴーストが囁くのよ・・・」というセリフは、主人公の草薙素子をはじめとしたキャラクターが、大事な決断をする時に出てくるセリフです。

要するに、
「自分の原初の思いに従って、行動を決断する」
「本心に従って行動する」
「心と言葉と行動を一致する」
という、意味だと、解釈しています。

 

電脳化、コンピューターと脳がつながった事による、
情報の並列化と、制御。
「自分とは何か?」があいまいであるからこそ、
この「ゴースト」すなわち「自分の本心」で決断し、行動する事が求められてくるわけです。

 

 

「私のゴーストが囁くのよ…」

・・・ さて、このセリフ、名言ですが、
「今の社会」に住む、我々現代人にとっても、必要な事だと思います。

僕も含め、
現代の社会に住む人々は、電脳化、コンピューターではないにしろ、
同じように「脳」が、「自分」が、制御されています。

・・・制御されて、しまっています。

メディアの発信する情報を、受け続け、情報が並列化され、
いつの間にかに作られた社会常識に制御されて
「根本的な自分の思い」「本心」が、制御されています。

 

「これは、こういうもんだ」

「これは、しょうがない事だ」

「これは、破ってはいけないルールだ」

「こういうのは、楽しいものだ」

「これが、幸せだ」

「これが、“まとも”だ」

「これが、正しい人間だ」

「これが、正しい人生だ」

 

そういう、言ってしまえば作られた概念に、
僕も、ほとんどの人も、制御されてしまっています。

「作られた“まとも”」と「自分の本心」の食い違いから
様々な苦悩が、我々に起こります。

もちろん、法律など、守る必要のあるルールもあります。
赤信号は止まるべきです。進むべきではありません。事故ります。

 

・・・しかし、その時の判断を思い返してみてほしいのです。

「赤信号は止まるもんだ」と、漠然とルールを鵜呑みにして、ただそれに従い、ただそれに制御され、
「止まる」という判断をしているのか?

それとも、

「事故りたくない」という、自分の思いに従って、赤信号をみて、周りを見て、
「止まる」という判断をしているのか?

・・・もちろんこれは、極端な例です。
しかし、この両者には“大きな違い”があると、店長は思います。

 

作られた、いわゆる“まとも”に生きるためのルール・概念・制御を、鵜呑みにして、漠然とそれに従い続ける人生か。
それとも自分の本心、原初の思いの方向性に従い、そのルールを上手く活用して、うまく付き合って生きる人生か。

大きな違いであると、店長は思います。

店長は、後者が、「自分の人生」であると、思います。

 

 

違う漫画ですが、「アカギ」風に言えば

「真面目は悪癖だ」

「真面目であるがゆえに、“まとも”と“本心”の板挟みに、お前は苦しんでいた」

「その“まとも”という価値観は、時代時代で現れ、俺たちを惑わす・・・暗雲・・・!一種の集団催眠のようなもん・・・」

「そんなもんに、振り回されちゃいけない・・・!」

「失敗を恐れるなっ・・・!」

「傷つきは奇跡の素・・・奇跡の最初の一歩となる・・・」

「もう・・・漕ぎ出そう・・・。いわゆる“まとも”から放たれた人生に・・・!」

 

 

・・・という話です。赤木しげる、良い事言いますよね。
僕は、我ながら真面目だから、すごくこの言葉が響きます。

 

 

さて、攻殻機動隊に戻ります。

「私のゴーストが囁くのよ」
という言葉のように、

その制御された脳の奥底にある、本当の自分の思い。
本当の、本心。

それに従ってみる事から、始める事なのだと思います。
そこから湧き上がる感情を、表現する事なのだと、思います。

それが、制御、まともから解き放たれた「自分自身」なのだと思います。

これが、「心と言葉と行動の一致」であり、
今の僕に、そして今の社会に、必要な事だと思います。

そう、自分に言い聞かせています。

 

・・・失敗をおそれ、本心をおろそかにして、
『自分の行動をしないでいる状態』は

アカギ風に言えば

だそうです。
このへんは、最近の店長のテーマです。

 

 

 

※これはラーメン屋のブログです

 

 

 

今日も良い、一日にしていきましょう!(笑)

 

―Facebookページご新規「いいね!」で、
ご来店時に「和牛チャーシュー1枚」サービス致します!―

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です