スーパーボウルハーフタイムショーを見て

中野の極上和牛のラーメン屋。
「牛こくラーメンマルカツ」の店長です!
おはようございます!

2月8日(水曜)。本日も、通常どおり営業いたします。
本日もラーメン日和です!
ちなみに、明日木曜は“定休日”ですので、お間違えの無いようお願い致します。

 

牛こくラーメンマルカツは、
極上の和牛を味わえる、お客様にとって一日の“ちょっと贅沢な喜び”になれるよう、精進しております。
本当に美味しい料理には、人の気分を転換させる力があると思います。
『落ち込んでいたけど、美味しいものを食べたら、元気なった』など。誰しも、経験があると思います。
それが、料理の素晴らしさであり、価値であり、
それを目指せることが、飲食店をやっている人間の、喜びであると思います。

 

今日も、美味しい和牛スープが仕上がっております。
ぜひ、温まって行ってください。

 

〈牛こくラーメンマルカツ〉
昼営業→11:30~15:00
夜営業→17:00~21:00
※スープ切れ次第終了
※木曜定休

今日が、皆さまにとって実り多き日になりますように。

 

頂きもの

常連のお客様から、素敵なものを頂きました。

頂いたとき『およよ』とびっくりしてしまいましたが、
北海道は厚田村の、写真集です。

そのお客様の故郷であり、以前いらっしゃった時にそのお話をして盛り上がっていたところ、本日プレゼントして下さりました。ありがとうございます。

北海道厚田村はまさに“厳寒”の地です。そこで笑顔でたくましく生きる人たち、町の風景、家屋。あらゆるものから、そこで培われ、磨かれ、改善されてきた歴史を、感じました。

・・・忙しいと、つい目の前の事で一杯いっぱいになり、
近くの事にしか目が行かなくなってしまいますが、
こういう“遠い所”の写真を見ると、色々な気付きがありますね。

当たり前なのですが、
全ての人に、人生と経験のドラマがあります。
全ての人に、似ているようで全く違う、人生の経験があり、感情の変化があり、
遥か昔から、それは行われてきたし、
それが積み重なって、今、我々がいて
我々は今この瞬間も、それを行っている。
みんな違って、みんな同じで、みんな良い。

そういう、見逃しがちな、本来当たり前の事に気づかせてくれるものって、価値があるなあ、と思いました。ありがとうございます。

 

 

Super Bowl  Halftime Show

店長、閉め作業の時は、何かしらの映像や音楽をYouTubeで流しながら作業をするのですが、
今日は、これを流していました。

アメリカで最高に盛り上がるイベントの一つと言われている、
スーパーボウルのハーフタームショーですね。

スーパーボウル (英語: Super Bowl) は、アメリカ合衆国のプロアメリカンフットボールリーグであるNFLの優勝決定戦である。 アメリカンフットボールの最高の大会であり、アメリカ最大のスポーツイベントである。(Wikipedia)

 

その時に一世を風靡しているようなスターが、
アメフトの試合のハーフタイムで、ショーをするという、イベントです。
毎回、べらぼうに盛り上がります。
過去から、マイケルジャクソンをはじめ、人気のある大スターが登場して来ました。

昨年は、コールドプレイとブルーノマーズとビヨンセのコラボレーションだったと思います。

昨年も盛り上がりました。

 

・・・そして今年が、「ガガ様」ですね。

Lady Gaga performs during the halftime show of the NFL Super Bowl 51 football game between the Atlanta Falcons and the New England Patriots, Sunday, Feb. 5, 2017, in Houston. (AP Photo/Charlie Riedel)

この人ほんとに、「ガガ様」って感じですよね(笑)

日本に来た時に、フラっと“立ち食いそば屋”に入ったりするという話を聞いたことがありますので、
ぜひ、なんかの間違いでいいので、フラっと牛こくラーメンにも来てほしいと願っています(笑)

 

 

・・・アメリカの、いわゆる「ショー」の作り方は、磨き抜かれているなーって思います。
『どう考えても盛り上がる』ショーにするために、過去から現在まで培ってきた知恵と技術を結集して、作り込んでいるように感じます。

 

・・・今回のパフォーマンスを見て、
それはガガ様もすごかったですが、
“あの演出を支えている人たち”の技術と努力も、ハンパじゃないと思いました。
“映像には映らないものの、すんごい頑張っている人たち”の映像が、頭に浮かんできました。

 

例えば、ガガ様が、ワイヤーにつるされて宙を舞うシーンがあるのですが。
そのワイヤーを操作している技術者の、技術と、努力と、緊張感が、すごいな~って思います。
失敗したら「台無し」ですからね。

たぶん、アメリカ随一の“つるし職人”的な人が、ガガ様を吊るしていたんでしょうね。。。
代々継がれてきた“つるし”の技術があり、
代々継がれる中で磨かれて来た“つるし”の技術があり、
それはもう、職人技なのでしょう。日本で言うところの、うるし職人のように。。。(言ってやったり)

 

・・・・・

とにもかくにも、
アメリカのショーはすごいし、
それを支える技術がすごいです。

 

・・・・・

斜に構えて社会を見ている店長としては、
「権力者や大富豪とか、支配する立場の人にとって都合が良いもの、喜ばしいもの」って、歴史の中で高速に進化していて、
もう進化しきれないくらい、その分野の論理は、完成されているなーって思います。

 

例えば、音楽です。
詳しくないけれど、ベートーベンとかモーツァルトとか、
大分昔のクラシックの時代に、その論理はほとんど完成していたのだと思います。

例えば、絵画もそうです。
これも詳しくないけど、絵画を書くための論理は、とっくの昔に完成していたのだと思います。

 

・・・ざっくりと俗っぽく言えば、
ヒマな大富豪の娯楽のために、資金が潤沢に投入され、才能が集まり、才能が磨き合い、そして天才が生まれ、天才が論理を生み出し、それが磨かれ、
あっという間に、その分野の論理は、進化改善したのだと思います。

 

 

 

一方で、
過去から今まで、進化が著しく遅い分野もあります。

例えば、政治だったり、
例えば、経済だったり

要は、社会の仕組み的なものです。
クラシック音楽のそれと比べて、著しく、進化が遅いと、店長は感じています。

ざっくりと言えば、
今も昔も、ダメな政治家が選ばれて、ダメな政治をし続けていたり、
今も昔も、貧困の格差は埋まらなくて、
今も昔も、戦争が無くなる事は無くて、
今も昔も、民草はストレスの中にいて、

・・・全然、社会システムというものの、進化が進んでいないように感じています。

 

一般的な、その理由の落としどころとしては、
「社会は複雑だから」「人は複雑だから」
みたいな事になってしまうのですが、

『いや、そうだろうか』と店長は思ってしまいます。

かつての音楽や芸術の論理がそうであったように、
とっくに社会の論理も、改善していて良いはずだよなーって思います。

それは、なんでなのか?
誰しも一度、考える必要があります。

 

 

 

※これはラーメン屋のブログです(笑)

 

 

 

・・・まあ、とにもかくにも、
今の社会を生きる我々が、
美学をもって仕事をして、美学をもって社会を見て、
美学を磨いて、生きるしかないのだと、思います!

 

今日も、いい仕事をしましょう!

 

―Facebookページご新規「いいね!」で、
ご来店時に「和牛チャーシュー1枚」サービス致します!―

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です